埼玉川越相続相談プラザ トップ > 相続の基礎知識 > 土地・建物の名義を死んだおじいちゃんの名義のままにしておいても大丈夫?

はじめての相続 ここが知りたい!

土地・建物の名義を死んだおじいちゃんの名義のままにしておいても大丈夫?

土地・建物の名義がおじいさんやひいおじいさんの名義のままになっているケースは良くあります。

今まで通り住んでいられるなど、そのままでも特段問題ないように思われるかも知れませんが、 名義が亡くなった方のままでは、その土地を売却したり、建物をリフォームしようとしても出来ない恐れがありますから、決していい状況ではありません。
また、名義変更をせずに放っておくと、いざ名義変更をしたいと思っても、相続手続きに関係する人が多くなってしまい、 会ったこともない相続人同士で遺産分けの話合いをすることになったり連絡が取れない人がいたりで、話がまとまらなくなり思うように名義変更が出来ない危険性が高くなります。

余計なトラブルを避けたければ、相続が発生するごとにその都度しっかりと名義変更をしておくことがポイントです。 現在の名義人がおじいさんやひいおじいさんになっているケースの名義変更手続きは、関係者が多いために、数十通の戸籍謄本を集めなければならないこともあります。

こんな時は専門家にお任せください!!

  • 名義変更が済んでいない土地・建物がある
  • リフォームを検討しているので、名義変更をしておきたい

面倒な相続手続きをスムーズに!	パートナーズができること

パートナーズでは、複雑な相続関係であっても、誰に相続権があるかをしっかりと確定させ、戸籍謄本も無駄なくスムーズに収集代行します。

無料相談の流れ
メールでご相談予約