埼玉川越相続相談プラザ トップ > 相続の基礎知識 > 父が生前に作った遺言が出てきたんだけど、どうしたらいいの?

相続の基礎知識

父が生前に作った遺言が出てきたんだけど?どうしたらいいの?

家庭裁判所での検認手続を経る必要があります(公正証書による遺言は必要ありません)。
封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人の立ち会いの上、開封しなければならないことになっています。 検認とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造・変造を防止するための手続きです。

遺言書の有効・無効を判断する手続きではありません。

こんな時は専門家にお任せください!!

  • どうやって手続きするのかわからない
  • その他の手続きが忙しくて、手続きをするヒマがない
  • そのあとの相続手続きも含めて、すべて代行してお任せしたい

面倒な相続手続きをスムーズに!	パートナーズができること

パートナーズでは、この検認手続のお手伝いをすることができます。 遺言書を見つけた方は、開封せずに、ご相談ください。

無料相談受付中
無料相談の流れ
メールでご相談予約