埼玉川越相続相談プラザ トップ > 相続の基礎知識 > はじめての相続

葬儀後の手続き

葬儀後の手続き

葬儀後の手続きはとてもやることが多くて複雑
まずは無料相談でご確認ください

個人の葬儀が終わり、やっと一息ついたと思ったら、 葬儀後に行わなければならない相続諸手続きは たくさんあります。

葬祭費や埋葬料の申請、保険証の返還、年金の諸手続き、各種故人所有だった名義変更などがあります。

ほとんどのご家庭では相続手続きが発生しますので専門家の無料相談を利用しましょう。

葬儀後の手続きの手順

相続はご遺族のつらい心情とは無関係に、葬儀の前後で数多くの手続きが必要になります。ですが、それらには期限があり、一度にやる必要はありません。亡くなった時から順に、大まかな流れを説明します。

被相続人の死亡(相続の開始)

7日以内に提出

遺言書があるかどうかの確認

死体火葬許可申請書の提出

各種名義変更等

  • 遺言書があるかどうかの確認
    (公正証書遺言検索サービス等)
  • 相続人の確定
    (戸籍・除籍・改正原戸籍等→相続関係説明図作成)
  • 相続財産・負債の調査
    (名寄帳・金融機関・不動産登記簿・生命保険等→財産目録作成)
  • 遺言書がなければ、相続方法を決めなければなりません。
    (遺産分割協議)
3ヶ月以内に実施

相続放棄・限定承認の申述

4ヶ月以内に実施

確定申告

  • 準2か所以上から給与を受けていた場合
  • 給与所得が2000万円を超えていた場合
  • 給与所得や退職所得以外の所得が20万円以上あった場合
  • 医療費控除の対象となる高額の医療費を支払った場合
  • 同族会社の役員や親族などで、給与のほかに貸付金の利子、家賃等を得ていた場合
10ヶ月以内に実施

相続税の申告・納付

無料相談の流れ
メールでご相談予約