相続相談プラザ トップ > 主な対応エリア > 遺言に基づく相続のお手続きのご相談 - 日高市での解決事例 -

遺言に基づく相続のお手続きのご相談
- 日高市での解決事例 -

ご相談内容

日高市在住 H様(80代女性)

亡くなられたH様の夫が、生前ご自身で遺言を書いていました。内容は遺産のうち金100万円については、お墓のあるお寺へ寄付(遺贈)し、残りは全て妻のH様に相続させたいという内容でした。なお、夫の法定相続人は妻のH様の他、疎遠となっている兄弟がいました。

 

当事務所からのご提案

亡くなられた方が遺言を書いていた場合にも、相続手続きが必要となります。
今回のケースでは自筆証書遺言を書いていたということなので、家庭裁判所で「検認」という手続きが必要となります。
この手続きでは裁判官が証拠保全のため、相続人全員の前で遺言を開封します。遺言の有効性を判断する手続きではありませんが、実務上検認を経た遺言でないと各種相続手続きには使えないのが通例です。H様には検認まで遺言を開封しないようお伝えしました。
また、遺言の内容によっては、遺言内容を実現する人(=遺言執行者)が必要となりますが、本件では遺言で定められていなかったため、別途家庭裁判所へ遺言者選任の申立てを行い、遺言執行者を選任してもらう必要があります。

 

依頼後のご状況

まず、家庭裁判所へ遺言の検認申立てを行いました。疎遠だったご兄弟にも検認期日の呼び出し状は送付されましたが、検認当日はいずれも出廷されませんでした(※検認手続きは相続人全員が揃わなくても進みます)。
そして、続けて遺言執行者の選任申立てを行い、遺産の状況を一番よく知っている妻(=相談者のH様)が選任されました。
以後、相談者たる妻のH様が遺言執行者となり、不動産の名義変更や預金の解約、お寺への遺贈を進める中で当事務所がサポートをさせて頂き、無事手続きを完了させるに至りました。
遺言執行者選任の申立てなど、家庭裁判所へ提出する書類作成も司法書士の業務となります。普段あまり馴染みのない手続きだと思いますので、不安な方は当事務所にまずはご相談ください。

 

今回行った相続手続きについて

 

日高市にお住いの方へ 無料相続相談実施中!

日高市にお住いの皆様には無料相続相談を実施しております。
上記事例のように、相続において遺言がある場合は、注意すべき点があります。当事務所では、「遺言がでてきたがどう手続きを進めればいいのか」といった遺言に関する疑問、遺言書作成に関するご相談など幅広く対応しております。また、遺言に基づく各種相続手続きもサポート致します。税に関わる問題も税理士と共同で進めることができますので、相続相談の窓口として、是非お気軽にご相談ください。

また、車がないのでアクセスがしづらい、施設や病院に入院をしている、体調がよくないなどの事情で当事務所へご来社いただくことが難しい場合は、出張相談も行っております。遠慮なくお申し付けください。

日高市から当事務所までのアクセス

【電車でのアクセス】
JR・八高線「高麗川駅」よりJR川越線で「川越駅」まで17分です。
JR「川越駅」から当事務所までは徒歩約5分です。
駅からのアクセスはこちら

【車でのアクセス】
県道114号線経由で約30分です。

【アクセスの詳細】
当事務所までの詳細のアクセスは下記をご覧ください。

 

当事務所でご覧いただいているページのご紹介

パートナーズでは年間480件以上もの相続・遺言に関するご相談に乗らせて頂いております。
相談の内容は、ケースによっては非常に複雑なものもあり、多岐に渡りますが、ここでは特に相談件数が多いテーマについて、BEST3をピックアップしてご紹介します。

 

  • 不動産の名義変更
  • 相続放棄
  • 遺言書の作成

 

事務所・専門家 その他サポート

無料相談の流れ
メールでご相談予約