相続相談プラザ トップ > 専門家紹介 > 神戸 光邦

専門家紹介

認定司法書士  神戸 光邦

司法書士  神戸 光邦(かんべ みつくに)

埼玉司法書士会所属 登録番号 第1346号
簡裁訴訟代理権 法務大臣認定番号 第801205号

公益社団法人リーガルサポート会員
公益社団法人川越青年会議所会員
一般社団法人日本財産管理協会会員
川越市登記相談員
三芳町登記相談員
川島町登記相談員
富士見市登記相談員
所沢総合相談センター相談員
神戸 光邦
保有資格・免許
・司法書士
・FP技能士1級
・宅地建物取引士
・行政書士
略歴
昭和56年 川崎市に生まれ、横浜市で育つ
おとめ座  AB型
中学・高校時代は陸上部(長距離)に所属
早稲田大学法学部卒業後、司法書士資格取得

平成21年~ ベストファーム司法書士法人池袋事務所に勤務
       不動産売買および相続に関する登記業務に従事
平成23年~ 同法人川越事務所にて司法書士業務全般の責任者として勤務
平成26年10月 パートナーズ司法書士事務所を開設
お客様へのメッセージ
司法書士法人勤務時代には相続・遺言に関して年間500件近い相談にご対応させて頂いておりました。
司法書士というと不動産の名義変更を連想される方が多いと思いますが、当事務所では、不動産の名義変更はもちろんのこと、預貯金の手続きや車の名義変更も、他の士業と連携し、相続に関する相談の『最初の窓口』として幅広く対応しております。不動産のことだけでなく、相続・遺言に関することであれば何でもご相談下さい。

インタビュー

Q.趣味は何ですか?
ダイエット計画を策定することと、怪魚(熱帯魚)の飼育です。
特に熱帯魚については、自家製のろ過システムを構築し、水族館並みの設備で飼育しています。スネークヘッドなど淡水の大型魚がメインで、アロワナ、フグ、ナマズ、カメとバラエティー豊かです。是非一度、私のファミリーを見に来てください!
Q.オフの日はどのように過ごしていますか?
熱帯魚の世話をしたり、オンラインゲームをしたりしています。ゲームを誰よりも早くクリアするのが特技です。完全なインドア派ですね。
Q.好きな言葉はありますか?
「おもしろきこともなき世をおもしろくすみなすものは心なりけり」

幕末の風雲児、高杉晋作の辞世の句と言われていて、解釈には諸説あるようですが、私は『おもしろくないことも心の持ちようでいくらでもおもしろくなる!』と解釈しています。
仕事をしていると、思い通りにいかなかったりストレスが溜まることも多々ありますが、そんな時でも自分の心の持ちようでその環境を面白く楽しめるようにできる、とこの言葉を常に意識し、つらい時こそよく笑い、周りを笑わせるように心がけています。
それが今の事務所の明るい雰囲気に繋がっているのだと思っています。
Q.どんな子供時代、学生時代を過ごしていたのですか?
小学生までは野球と剣道を習ってましたね。中学時代は陸上部の部長でした。
大学生になってからはレゲエサークルの幹事長となり、リーダー的なポジションにいることが多かったです。
大学生の頃は学費の捻出や生活費の工面に終われ、新宿で風呂なし共同キッチンのアパートに住んでいました。客観的に見れば厳しい生活だったのですがサークルやアルバイトの友人に囲まれ、今となってはとても良い思い出です。この経験があったからこそ司法書士の試験勉強も頑張れたと思っています。
『持つべきものは友!』と経営者となった今も常に感じています。
Q.司法書士としてのやりがいを感じるのはどのような時ですか?
遺言書を作成し終えたお客様がホッとした表情を見せてくれた時にやりがいを感じます。遺言の相談でお越しになるお客様は、そのほとんどが今ある不安の解決方法が分からずにおられます。遺言書を作成することでその不安を解消できることを説明し、実際に作成を終えた時にお客様が見せる安堵の表情が何よりも私のやりがいになっています。
Q.仕事をする上で心がけていることは何ですか?
相談にお越しになる方は皆さん多少なりとも緊張していらっしゃるので、相談者の本当の不安がどこなのか、最初の面談でしっかりと見極めるように心がけています。
Q.どのような司法書士、事務所を目指していますか?
地域コミュニティの中心に位置し、一般のお客様から直接ご依頼・ご相談を頂ける事務所を目指しています。
司法書士 脇博喜の詳細を見る  専門家紹介TOPに戻る
無料相談の流れ
メールでご相談予約