無料相談
受付中

受付時間 月~土曜日 9:00~19:00

0120-296-415

よくあるご質問

父の財産に対して税金がかかるってほんと?生前贈与しておいた方がお得なの?
亡くなった方の相続財産が一定額以上あると、それを受け取る相続人に対して、税金がかかる場合があります。 これを相続税と言います。
そのため、相続税がかかる可能性がある方は、生前から対策をきちんと立てておかないと、亡くなった後に、残された相続人に対して予想外の税負担が強いられてしまう場合があります。
対策の一つとしては、万が一相続が発生した際に相続税の算定根拠となる相続財産そのものを減らしておくために、生前に相続人に贈与しておくという対策があります。しかし、安易にこの方法を取ってしまうと、贈与に関しては相続税以上に税率の高い贈与税が課されてしまうケースもありますので、誰が誰にどのくらい贈与すれば節税対策になるのかといったことを専門家と相談した上で、実際の生前贈与をすることが必要です。

生前贈与以外にも、不動産をお持ちの方に関しては、分筆して土地の評価を下げておくことや、アパートを建てて土地の評価を下げておくなどそれぞれの資産状況にあった相続対策があります。
また、生命保険に加入することで、相続税計算の際の非課税枠を利用するというような方法もあります。

こんな時は専門家にお任せください!!
・相続時の税金を少なくしたい
・生前にもめない相続対策をしておきたい
・生前の節税対策については税理士に相談したい