相続相談プラザ トップ > 主な対応エリア > 祖父名義のままとなっている不動産の名義変更のご相談 - 坂戸市での解決事例 -

祖父名義のままとなっている不動産の名義変更のご相談
- 坂戸市での解決事例 -

ご相談内容

坂戸市在住 S様(60代男性)

半年前に亡くなったS様の父の名義となっているはずの山林を名義変更しようとしたところ、数十年前に他界した祖父名義のままとなっていました。名義変更について調べている中で、ウェブで当事務所のホームページを見て、ご相談にいらっしゃいました。

 

当事務所からのご提案

流通性の高い宅地と比べて田畑や山林は、代々名義変更登記をせず、故人の名義のまま数十年が経過していることも珍しくありません。相続税の申告などは期限がありますが、不動産の名義変更(相続登記)には特に期限がないため、手続きをせずそのままになってしまうことが多いようです。
この状況のままですと、いざ売却等、権利の移転をしようとしたときに、必要書類が行政の保管期間を超えてしまっていたり、当事者が増えて話し合いに支障をきたしてしまい、名義変更がスムーズに進まなくなってしまうこともありますので注意が必要です。相続が発生した場合はできるだけ速やかに権利関係を確定し、名義変更登記(相続登記)をしておくことをお勧め致します。

 

依頼後のご状況

S様の父の名義となっていると思っていた不動産が実は祖父の名義となっていたことから、祖父の相続関係まで遡って、関係当事者間で遺産分割協議を進めて頂くことになりました。
当時相続人だった方のうち何人かが既に亡くなっており、その直系のお子さんが数次相続人として権利を承継していたので、その方達にも連絡を取って協力して頂くことになりました。
また、通常相続に基づく名義変更登記(相続登記)の際には、不動産名義人(祖父)の住民票の除票を添付して、登記名義人との同一性を法務局に証明する必要があるのですが、本件の場合は既に祖父が亡くなってから数十年経過しているため、役所でも住民票を廃棄しており取得することができませんでした。
法務局との相談の結果、祖父が不動産を取得した際の権利証を添付すれば住民票がなくとも手続きを進めてもらえることになり、名義変更を終えることができました。

 

今回行った相続手続きについて

 

坂戸市にお住いの方へ 無料相続相談実施中!

坂戸市にお住いの皆様には無料相続相談を実施しております。
坂戸市のような歴史の長い市町村にお住いの方は、土地を代々受け継がれている方もいらっしゃいます。今回の事例のように、名義変更(相続登記)がされてないと権利関係が複雑化し、専門家でないと対応が難しい場合があります。土地の権利関係に関する問題がございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、土地・建物の名義変更だけではなく、相続手続き全般、相続放棄、遺言書作成にも幅広く対応しております。相続税の問題も提携している税理士と共同で進めることができますので、相続相談の窓口として、是非お気軽にご相談ください。

また、体調が思わしくない、病院に入院をしている、施設へ入居しているなどの事情で当事務所へご来社いただくことが難しい場合は、出張相談も行っております。遠慮なくお申し付けください。

坂戸市から当事務所までのアクセス

【電車でのアクセス】
東武東上線「坂戸駅」より急行で「川越駅」まで12分です。
「川越駅」から当事務所までは徒歩約5分です。
駅からのアクセスはこちら

【車でのアクセス】
県道39号線経由で約30分です。

【アクセスの詳細】
当事務所までの詳細のアクセスは下記をご覧ください。

 

当事務所でご覧いただいているページのご紹介

パートナーズでは年間480件以上もの相続・遺言に関するご相談に乗らせて頂いております。
相談の内容は、ケースによっては非常に複雑なものもあり、多岐に渡りますが、ここでは特に相談件数が多いテーマについて、BEST3をピックアップしてご紹介します。

 

  • 不動産の名義変更
  • 相続放棄
  • 遺言書の作成

 

事務所・専門家 その他サポート

無料相談の流れ
メールでご相談予約