無料相談
受付中

受付時間 月~土曜日 9:00~19:00

0120-296-415

相続関係において二重の立場を有する方の法定相続分について

相続関係において二重の立場の相続関係が生じる場合は主に以下の2ケースです。
なお、二つの立場を有することが問題となるのは、同順位の相続資格が重なる場合なので、兄が弟を養子にしているケースなどは相続順位が子と兄弟では異なるので問題とならず、養子としての相続分を養子たる弟が取得するだけです。
問題となるのは次の2ケースかと思います。
①祖母、祖父が孫を養子にしているケース
この場合孫が親より先に死亡している場合には、祖母・祖父の相続の際に代襲相続人としての地位と養子としての地位が重複することになります。
この場合は両方の法定相続分を取得する、すなわち合算することが認められています。(昭和26年9月18日民事甲1881号民事局回答)
②養親の実子と養子が夫婦となっているケース
この場合に、夫婦間に子がおらず、両親が全て先に亡くなってから、実子たる夫が亡くなった場合は養子たる生存配偶者は配偶者の立場と兄弟姉妹の立場が重複します。この場合は配偶者としての相続権しか認められません。(民事局長回答 昭和23年8月9日民事甲2371号)
(執筆担当 神戸)

ホームページ限定!
お得なパックサービス

パートナーズでは、ホームページからの申込み限定でお得なパックサービスをご用意しております。
いずれのパックも通常の料金体系と比べて、複数の手続きをまとめてご依頼頂く分リーズナブルな価格に設定しております。
各パックサービスの詳細をご覧頂き、ご依頼・ご相談をご希望される方は、お気軽にお電話もしくは相談申込みフォームよりお問合せください。
お電話でのお問い合わせの際には、「HPでパックサービスを見た」とお伝えください。

無料相談受付中

まずはお電話にてご相談予約をお申し込みください
営業時間:月~土曜日 9:00~19:00